Atsuko Matano

俣野温子(またの あつこ)

作家、画家、デザイナーとして幅広いファンに支持され続けている総合クリエーター

俣野温子のものつくり

俣野温子は、現在までに数多くのロングセラーを生み出し、単なるキャラクター商品ではない「俣野温子の世界」を確立してきました。
商品は、テキスタイルデザインからステーショナリー・陶磁器・木製品・生活雑貨…と多岐に渡り、
そのどれもが、ものつくりの原点に戻りながらひとつずつ丁寧に創作されています。
メッセージブックの先駆者としても知られ、実用書・絵本・詩画集・児童向け著書など多くの出版物があります。
⇒著書一覧
⇒俣野温子のものつくり(ブログ)

俣野温子のライフワーク〜「絵」と「言葉」と「音楽」と

「絵」と「言葉」と「音楽」が融合した世界の提案も、俣野のライフワークのひとつです。
1999年、プロジェクターを使ったリーディングコンサートをプロデュースし、舞台の構成・脚本・オリジナルの歌などを発表。
以来、クラシック・日本歌曲・ハードロックなど…
それぞれのジャンルで活躍している人たちと、ステージも手がけています。
⇒アートワーク年譜
⇒DVD
⇒ライブパフォーマンス年譜

ブランド

LA MERISE
俣野温子の色づかいや愛らしいモチーフが魅力のオリジナル雑貨を企画製造販売しています。
素材や手法にとらわれず新しい商品を生み出し続け、今も多くのお客様に愛されています。
ATSUKO MATANO
百貨店を中心に展開しているオリジナルブランドです。
ライセンス契約により、パジャマ・部屋着・インナーウエア・タオル・ハンカチ・エプロン・スリッパ・ぬいぐるみなどを企画販売しています。

略年表

1979年
ギフトショップ「ぱんどらの箱」開店をきっかけにオリジナルの小物雑貨作りをはじめる。
1981年
雑貨メーカー (有)ら・むり-ず設立
1983年
企画会社 (株)カボ企画設立 「Atsuko Matano」ブランドのライセンス業務、著作物の出版、企業広告デザイン等を手がける。

タオル美術館での取り組み

2000年、愛媛県今治市にある「タオル美術館」の立ち上げに参加し、 世界初となるタオルによるアート作品を発表しました。
約268.5坪の常設ブースには、油彩や立体作品を含む多くの作品を展示しています。

リンク

愛媛県タオル美術館 常設展示

2000年
美術館プロデュース及び約350坪の常設ギャラリーの作品展示(作品数:135点)
2001年
「イエローツリー」「お姫さま物語」発表
2003年
タオル絵本「大きな鳥」発表
2005年
40メートルのタオル「幸せな旅」発表
2005年
「そうぞうしてごらん」「すてきなプレゼント」発表
2006年
「心の引き出しをあけてみたら」発表
2007年
「プレゼントボックス」発表
2008年
「緑の街が私を育てた」「眠るカラス」発表
2009年
「私の心の中に住む沢山のピエロたち」「海の住処」「空を見て想うこと」「私の街」他、タオル作品40点発表

アートワーク

1980年
新宿 QUI
1985年
新宿 TOPS GALLERY
1990年
銀座三越 年中夢中展
1993年
有楽町阪急 猫想い展
1994年
有楽町阪急 いじわるうさぎとしゃまねこ展
1997年
松戸伊勢丹特選ギャラリー  私という名の猫
1997年
大阪天保山現代館 俣野温子の世界
1997年
多摩そごう美術画廊 STORY ABOUT CATS
1998年
浦和伊勢丹特選ギャラリー 私という名の猫
1998年
池袋東武百貨店 ミニサロン LOVE
1998年
松戸伊勢丹特選ギャラリー LOVE
1999年
高崎シティ・ギャラリー 俣野温子の世界展
2005年
伊勢丹相模原店 小さな絵本の大きな原画展
2008年
高崎シティ・ギャラリー 俣野温子の世界展vol.2
2012年
松江カラコロ工房 Atsuko Matano Towel Art 展

広告

1991年〜1993年
ダンキンドーナツ株式会社 吉野家ディーアンドジー
赤毛のアンをテーマに、テレビCMキャラクターデザインや、プレミアムグッズ・パッケージ等を手がける。
1990年
日立家電カレンダー
1991年
小田急百貨店『羽子板展』参加
1991年
ケーキ パッケージデザイン
1992年
ケーキ パッケージデザイン
1995年
日立家電カレンダー
1995年〜1998年
日立ママノート
1995年〜1996年
月刊日立ファミリージョイ表紙
1996年
セキスイホームカレンダー
1997年〜2001年
プチディノス表紙
1999年
カルピスカレンダー
2000年
カルピスカレンダー
2000年
カルピスからの贈り物(童話集のパッケージ及びナレーション)
2000年〜2001年
近鉄百貨店 ポスター・看板・お中元・お歳暮などの表紙
新聞広告のイラスト、バレンタインのパッケージ等。
2001年
群馬交響楽団オリジナルグッズ
2002年
カルピスキッズプレミアムグッズ
2006年
群馬交響楽団60周年オリジナルグッズ
2008年
群馬県ミュージック高崎ジャパン ロゴマーク
2009年
YAMAHAオリジナルグッズ

ライブパフォーマンス

1998年
渋谷電力館「絵本を描きたい人のために」
1999年
高崎シティギャラリー・コアホールにて「ちょっと切ない俣野温子の世界」
2003年
高崎市民文化ホール「木村治代リサイタル」
2008年
高崎シティギャラリー・コアホールにて「絵から生まれる物語」
2008年
YAMAHA 原宿EX’REALMイベントスペースにて「クリスマスには奇跡が起こる」
2009年
愛媛県タオル美術館にて「だから歌がある」
2012年
松江テルサホール「今様伝説」
2012年
ヤマハ銀座スタジオ「新・今様伝説」

DVD

2008年
絵から生まれる物語

著書

1985年
わたしの赤ちゃん日記[主婦の友社]
1986年
わたしのクッキングブック[主婦の友社]
1986年
インスピレーション・プレゼントの本[文化出版局]
1987年
インスピレーション・クッキングの本[文化出版局]
1987年
わたしのブライダル・メモリー[主婦の友社]
1988年
タッジーマッジーってなに?[文化出版局]
1988年
数の絵本[主婦の友社]
1988年
文字の絵本[主婦の友社]
1991年
わたしのマタニティ・ダイアリー[主婦の友社]
1991年
わたしのダイアリー[主婦の友社]
1993年
音楽[カボ企画]
1994年
やさしいこころにはひびがはいっている[ほるぷ出版]
1994年
みじかくてながいおはなし[ほるぷ出版]
1994年
ぶたのツゥイギー(1 ドキドキ・2ハラハラ・3ワクワク)[ほるぷ出版]
1994年
私の赤ちゃん三年日記[主婦の友社]
1994年
いじわるうさぎの絵本[ほるぷ出版]
1994年
いじわるうさぎの日記[ほるぷ出版]
1995年
じゃじゃ馬[翔泳社]
1995年
さんぽ[翔泳社]
1995年
むずかしものなんかいらない[ほるぷ出版]
1995年
かなしときはかなしいままがいい[ほるぷ出版]
1996年
いじわるうさぎの正体[ほるぷ出版]
1996年
やきもちやきの猫[ほるぷ出版]
1996年
不思議な猫の本[主婦の友社]
1997年
猫だけが知っている[ほるぷ出版]
1998年
さびしくてたまらないときのために[大和書房]
1998年
かなしいときはかなしいままがいい[角川春樹事務所 文庫化]
1998年
思い出が真夜中に降ってきたら[角川春樹事務所 文庫化]
2000年
なみだは海につづいている[大和書房]
2001年
ねむれない夜のために[大和書房]
2002年
LOST LOVE[佼正出版社]
2002年
育児に疲れを感じたら[海竜社]
2002年
きっとなにかが変わるはず[廣済堂]
2003年
My Baby's Diary[海竜社]
2004年
泣きたいほど青い空[廣済堂]
2004年
すてきなプレゼント[文溪堂]
2005年
そうぞうしてごらん[文溪堂]
2007年
MY DOG'S DIARY[主婦の友社]
2007年
MY CAT'S DIARY[主婦の友社]